[三井住友VISAカード] 初心者も安心!不正利用防止に顔写真を付けれる

photographer-868106_640

もしクレジットカードをどこかに落としてしまったり、盗まれてしまった場合、不正に利用される可能性があります。

いくら裏面にサインが書いてあるとはいえ、お店の人がその違いに気づいてくれるとは限りません。そもそもぼくの経験上、そこまで気にして見てくれる店員さんはほんのわずかです。

ではもしものときのために、どうすればよいか。おすすめなのが、三井住友VISAカード。なんとカード裏面に自分の顔写真を付けることができるんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三井住友VISAカード

正確には、カード裏面の左下。自分の顔写真を掲載することで、少なくともサインの必要なお店で不正利用されることは避けられるでしょう。

残念ながら、サインレスのお店やインターネットでは、顔写真は効力を発揮しません。が、ないよりはあった方がいいに決まってます。

自分のカードであることの証明があればあるほど、不正利用のリスクは少なくなります。特に写真は、サインよりも目に見えてわかります。

また、海外ではホテルなどでクレジットカードがID代わりになることがあります。そんなときに顔写真があれば、より説得力を持ちます。

もしクレジットカードを作るの自体がはじめての人なら、特におすすめです。三井住友VISAカードは大手の銀行系なので信頼が置けるし、初年度の年会費は無料です(翌年からは条件付きで無料)。

たとえ条件を満たすことができなくても、年会費はそれほど高くありません。なによりも顔写真が付けられます。それだけでも作る価値はあるとおもいます。

最後に、サインの必要なお店以外で利用されてしまった場合の対処方法ですが、盗難保険が付いてるので、そこまで心配する必要はありません。よほどのことがない限りは、使われた分がちゃんと返ってきます。

詳しくは「クレジットカードには盗難保険が付いてるから、現金よりも何倍も安全」を参照してみてください。

まとめ

ぼくは写真なしの方を持ってるのですが、そのうち切り替えるつもりです。盗難保険が付いてるとはいえ、やはり不正利用のリスクは減らしたいですからね。

ちなみに、リニューアルもできるらしいです。もうすでに写真付きを持ってる人で、他のに変更したいという人は、申込書を請求しましょう。

三井住友VISAカード

ということで、今回は「[三井住友VISAカード] 初心者も安心!不正利用防止に顔写真を付けれる」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
最低限知っておきたい「楽天カード」のメリット・デメリット・お得な使い方をまとめてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする