海外に行って自分がマイノリティーになることで、初めて見えること

スクリーンショット 2015-01-23 7.31.14

昨日から彼女の実家の兵庫県に来てます。

東京駅から新幹線に乗って新大阪まで。そして、そこからまた電車。

大阪に着いた途端、エスカレーターの立つ位置は左から右になりました。

周りの言葉も標準語から関西弁になり、いっきに自分の居場所が小さくなった気がしました。ここは日本なのに。

初めて行くところだと、こういう感じはよくあります。特に海外ならなおさら。

自分が知ってるところから知らないところに行ってみます。マイノリティーになってみます。

そういうことってとても大事なことだと最近思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外に行って自分がマイノリティーになることで、初めて見えること

英語ができることはそんなにすごいことじゃない

日本では「英語が話せること」が妙に神聖化されすぎてる部分っていうのがあって、それは違うんじゃないかって思います。

英語圏に行けば、英語が話せることは当たり前だし、そうでないと生きていけません。

他の言語にしてもそこで生まれた人やその言語を話す親から生まれた子供は、当たり前のように話せます。

ぼくたちは当然のように日本語を話します。そんなことを自慢したり賞賛したりする人はいません。

確かに自分の言語以外の言葉を話せることはすごいです。そういう努力はなかなかできません。

だけど、話すことでしかなにも始まらない世界に自分が行ってみると、そんなことは言ってられなくなります。

「英語を話さないといけない自分」に強制的に追いやる必要がでてきます。

それが日本にいると、どうしても英語は難しくて高尚なものだと考えてしまいます。

そのせいで英語が話せる自分を想像できなくなってしまってる人が、たくさんいるような気がします。

そういうことは自分が当たり前だと信じてきたところと違う世界に行って、初めて気づくし考えます。

英語が話せて当たり前の世界。英語が話せることがすごい、と思ってる自分が少数派になってしまうようなところ。

日本人が作る料理は全体的に質が高くておいしい

日本にはおいしく食べられるお店がたくさんあります。

それも安くておいしいお店がいっぱいあります。

こんなこと、日本から他の国に行くまで考えることすらしなかったです。

他の国でも同じようなクオリティーで食べられるお店があるんだと思ってました。

松屋の牛丼とか大戸屋のさばの炭火焼定食を、あのクオリティーと安さで食べられるのは日本だけって知らなかったです。

イタリアンにしたってフレンチにしたって、もしかしたら日本で食べる方がよいかもしれません。

そうすると東京がミシュランの3つ星で世界一なのも納得がいきます。

だけど、日本のすごいところはそこだけじゃなくて。

庶民派のお店から高級料理店、それに日本中においしい名産があります。

例えば、カナダでそういうものを挙げたらメープルシロップかプティーンっていうファーストフードくらししか思いつかないです。

お菓子やアイスにしたってそう。なんだろう、創造意欲が違います。

日本みたいにしょっちゅう新しいお菓子は発売されないです。

そもそも日本って全体的にすばらしい

自分の生まれた環境は、想像してるよりも当たり前じゃないです。

海外に行くとそう気づきます。

道路のきれいさ。田舎に行ってもどこに行ってもちゃんと整備されてます。

コンビニの便利さハンパないです。なんでも売ってますよね。

お祭りや花火のクオリティーの高さ。ただただ驚いてしまいます。

ファッションの多様性とそれを許してくれる環境、すごいです。

日本のお惣菜おいしいです。一人暮らしの男子を救ってくれます。

無線LANが信じられないくらいはやいです。

トイレがあまりにも快適すぎて、ときどき寝ちゃいそうになります。

自動販売機がどこにでもあって、いつでも買えます。

マクドナルドの接客の高さ、もうこれ3つ星のレストランじゃんって感じです。

外国人の旅行者のほとんどが、たぶんそんなふうに思ってます。日本ってすばらしいです。

ぼくもこのトロントに住んだり、たまにアメリカやヨーロッパに行って改めてそう思います。

まとめ

これだけ日本のことをすばらしいと褒めておいてあれですが、苦手な部分もたくさんあります。

日本を賞賛しまくってるわけじゃなくて、本当に純粋に「すごいなぁ」って思います。

それは日本人として、この国や他の国でマイノリティーになって、初めてちゃんと見えるようになりました。

だからって海外に行く必要はないだろうし、日本でも気づけることはきっと数え切れないくらいあります。

大事なのは、たまに自分がマイノリティーになってみること。それだけでも見える世界が全然違ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする